【苑】共鳴する心音

ステージに出て行ったときの高揚感

目に映るオペラーの存在

儚く消える愛の讃歌を歌える喜び

絶対にやりたかったファイヤーボール

広い空間

日常ではない空間

爆音


始まりの1曲目ですべて満たされた思いでした。

そして最後の儚く消える愛の讃歌でライブでのなんとも言えない一体感、感動を思い出しました。


この日に向かってやってきたこと、たった数ヶ月だけどあまりに多くて、この日へ向けた思いもあまりに大きくて、一瞬の夢のように過ぎ去ってしまいました。


会場に足を運んでくれたみなさん、配信で見守ってくれたみなさん、ありがとうございました。

たくさんのスタッフさんにも支えていただきました。

自分たちで一から作るライブだと、関わる方々みなさんの顔が思い浮かびます。

実現できて本当によかった。



そしてひとつやり遂げると、もっともっとと欲しくなるもので、今は声が聞きたいです。


俺たちの合唱ライブ。

もうすぐ実現できることを祈ってます。


今日は事務所作業です。

暖かいですね。

みなさん良い一日を!