【JaY】友は近くに敵はもっと近くに。。

メモ帳に入ってた。

書き物。

どこに発表する事もないからここに埋葬する。

ぶっ飛び過ぎて理解できないかも。

ある夜、俺は囲まれた。

不穏な空気。

舌打ちが響く。

逃げ場なんて何処にもない。

闘うしかない。

気がつけばベッドの上。

もう手を引こう。

心に決めた朝。

擦り切れるほど観た。

自分を刻んできた過去。

尖って周りを傷付けた場所。

正論化される言い訳を見つけては残忍な形態。

そんな自分を殺してやりたくなった記憶。

捨てる神も拾う神もどっちにもなれる。

気付けば1人で走ってた。

ふと振り向いた。

1人ではこれぐらいが関の山。

景色や視界が、グレーアウト。

今日も酒に溺れる。

記憶を消す作業が始まる。

とある酒場。

目の前に現れる。

所作一つ、一つを巻き戻したくなる。

目が合う。

そのまま落ちる。

髄まで浸透していく。

そして色が混じりあう。

枕元でお前。

味はカンノーリ。

もう離さない。

鼓動が俺の子守唄になる。

やっと止まってた針が動き出したよ。

これ2016年1月24日

最後の畳み掛けはヴィジュアル系みたいやな〜と

ただこの時まだヴィジュアル系とは出会ってない。

俺は根っからヴィジュアル系やった説。

次回

風俗旅行記。